ロジカルシンキング入門として、ロジカルシンキングの基礎技術やロジカルシンキングの応用を紹介しています。ロジカルシンキングを活用しましょう。

ロジカルシンキング情報館 ロジカルシンキング入門
ロジカルシンキング入門として、ロジカルシンキングの基礎技術(MECESo What?/Why So?ピラミッド構造よく使う論理)やロジカルシンキングの応用(コミュニケーション報告書/資料プレゼンテーション会議)を紹介しています。ロジカルシンキングの技術を活用して、毎日の仕事や勉強を効率的かつロジカルに進めよう!

ロジカルシンキングHome > ロジカルシンキングの応用 > 報告書/資料

ロジカルシンキング的な報告書・資料

報告書/資料を書く場合には、ロジカルシンキングにおけるピラミッド構造を踏まえて書く必要があります。 つまり、書き始める前に、これから書く報告書/資料のピラミッド構造を考えましょう。(ロジカルシンキング的に考えましょう。) 通常、ピラミッド構造の検討に7割、実際に書くのに3割程度の割合で時間を配分するのがよいといわれています。 (つまりロジカルシンキングが7割です。)

ピラミッド構造を反映して、まず「結論」を書きます。 次に、その結論を導きだした「根拠」を書きます。必要があれば、その「根拠」を導き出した「根拠」を更に書くのが良いでしょう。 小説等とは違い、必ず「結論」から書き始めることが大切です。 「起承転結」などの報告書を書いてしまうと、最初の方を読んでる人は時間の無駄となります。
こういった報告書や資料を作成する場合には、アウトライン機能が有効です。

ロジカルシンキング的な報告書・資料

マイクロソフトのWordなどでも使うことができます。これは、見出しや文章が階層的に表示/非表示できる機能で、 どういった階層構造になっているかが一目でわかります。
ロジカルシンキング的に文書を作成するにはアウトライン機能が役立ちます。
報告書・資料



copyright©ロジカルシンキング情報館 All Rights Reserverd.